キャッシングの申し込み方法も多様化してきて、審査にかかるスピードもとても短くなっています。
貸金業者がキャッシングの申し込みを受けた時には、その人物がお金を返せる能力があるのか判断するための審査を行いますが、 公平で素早い審査を行うためにスコアリングが用いられています。

このスコアリングシステムでは定められた項目を点数に変換して、契約が可能か迅速に判別できるようになっています。
各項目の内容は、年齢や職業、配偶者の有無、住宅環境と居住年数、勤め先と在籍年数、現在の借入れ総額とこれまでの返済の履歴などさまざまな項目があり、 これらの情報を元に判定を行います。

各項目の点数が高いほどその人物に対する信頼性が高くなり、反対に点数が低いとお金を貸したとしても返済が滞る可能性が高いと判定されて審査に通りにくくなります。
仮に審査に通ったとしても、利用できる限度額が低く設定されることがあります。

最近ではアルバイトやパートなどでも申し込みが可能ですが、正社員と比べるとやはりスコアリングの点数は低く、 自営業をしている場合は倒産のリスクを抱えているため、企業の社員よりも点数は下がります。
このスコアリングの評価は固定されているものではありません。
勤続年数が増えて役職者になれば点数が上がりますし、定期的にキャッシングを利用していて、期日通りにきちんと返済されているのであれば、 融資に対する信用度も高くなります。
属性を上げていくのは難しい問題になりますが、勤続年数を延ばしたり返済をきちんと行うことでスコアリングを上げていくと、新たな審査に通りやすくなります。
貸金業者各社の審査の方法は一般には公表されていませんが、だいたい以下のようなスコアリングになります。
融資希望者には審査がおります。
勤務先の規模や、勤務年数、自宅が賃貸か持家か、居住年数、家族構成、住宅ローンや他社の借入金、返済の延滞がないか、事故情報がないかも審査対象になります。
他社の借入枠がある場合は、金融機関同士でシステムが繋がっていますので、データの共有が簡単に出来てしまいます。