手元に現金が全くないようなときでも、カードを見せるだけで欲しい物を買うことができるサービスとしてクレジットカードがあります。
このクレジットカードには後払いで欲しい物が買えるという使い方のほかに、ATMでカードを使用してお金を借入するといった使用方法もあります。

クレジットカードでお金を借入するのには難しい手続きは必要なく、クレジット会社と提携をしているATMにカードを挿入するだけで希望の金額を借入れることができるようになっています。
この場合、クレジットカードのクレジット枠とキャッシング枠は別物となっており、それぞれ審査の結果によって消費者ごとに設定された限度額というものが設けられています。
限度額の範囲内であれば繰り返してクレジットやキャッシングを利用できる仕組みになっています。
そのため、日常の買い物のときはクレジットで買い物をし、急に現金が必要になったときなどはキャッシングです。

ただし、このキャッシング枠に関しては、審査の結果によっては使えない人という人も少なからずいます。つまりクレジットカードは本来の目的であるクレジットの機能だけという具合に使いみちを限定されてしまうのです。
また、クレジットカードは総量規制の対象となっているため、カードを作るには総量規制の基準をクリアしていなくてはなりません。
そのため、クレジットカードの審査に通るためにはある程度の安定した年収があるということが最低限満たしていなくてはならない基準となっています。
カード会社にクレジットカードの利用の申し込みをする際に、ショッピング枠と別にキャッシング枠も作ることが出来ます。
また、申し込み時にキャッシングの利用枠を設定していなくても、必要に応じて電話などでもキャッシングの利用枠を後から作ることが可能です。
クレジットカードのキャッシングで借りることができる利用限度額は、総量規制により年収の3分の1までと定められており、 消費者金融などの利用があり現在返済されている方は、消費者金融からの借り入れも含めて年収の3分の1までが利用限度額のアッパーに設定されます。