毎日の暮らしの中では思いがけない出費が幾度も舞い込んでくるものです。
そういった事態に対応できず、お金が不足する事態が続いてしまった時には、消費者金融などからお金を借りると簡単かつスピーディーに不足額を補うことができるでしょう。
特にこれらの借り入れ方法の中ではキャッシングやカードローンといったものが便利ですが、これらのサービスを受けるには然るべき審査をクリアしなければなりません。
まずはネットや電話、店舗窓口、自動契約機、郵送などで申し込みを行った上で審査がスタートするわけですが、この時に重視されるポイントとしては二点あります。
まずは信用機関への照会によって現在の他社からの借り入れ総額がチェックされ、なおかつ過去の借金で返済事故を起こしたことがないかも精査されます。
これによってすでに年収の3分の1を超える融資を受けている場合には総量規制に抵触しているので融資が困難となります。
また、総量規制を考慮する上では無利息ではなく利息も踏まえて計算する必要があります。
数万円の借り入れがいつの間にか思いがけない高額へと膨らんでいる可能性もあるので注意が必要です。
さらにもうひとつの審査のポイントとして在籍確認があります。
在籍確認とは申請時に記載した勤務先に本当に勤務実態があるのかどうかを実際に電話して確かめるもの。
この時、電話に出た社員の対応次第で申請者が在籍しているという確証が得られると晴れて審査通過となります。
中には初回のみ無利息にて借り入れができるキャンペーンを行っている金融サービスもありますので、個人の借り入れ条件に合わせて活用してみるとよいでしょう。
審査で確実に聞かれる事は、本人確認書類の提出と利用目的、社員か自営業かという職業情報。
利用目的や独身か結婚しているかなども聞かれます。
審査の中で重要視されるのが、延滞情報などの事故情報などの信用情報の把握が一番です。
職業や職種などや賃貸や持ち家、返済能力などの収入面でどれだけ良くても事故情報があれば一発でアウトです。
借り換えをする場合は、借り換えローンを販売している金融機関もありますが、利用限度額が借金総額と同じになるとは限らないので 注意が必要です。借り換えローンは借金の一本化が出来メリットもあります。
実質年率が下がる可能性もあり、人気です
利用目的などを嘘ついて申し込むとばれたときに問題になります。